スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ストロンチウム濃度急上昇中

気になる記事が年末から連続しているので記録として残しておきます。

2013年12月27日:地下水から210万ベクレル、過去最高 福島第一
http://www.asahi.com/articles/ASF0TKY201312270433.html
東京電力は27日、福島第一原発のタービン建屋東側の護岸の観測井戸で放射性ストロンチウムなどベータ線を出す放射性物質が1リットルあたり210万ベクレル検出されたと発表した。過去最高値という。

2014年1月11日:海側井戸で220万ベクレル検出 第1原発、上昇傾向続く
http://www.47news.jp/news/2014/01/220.html
東京電力福島第1原発の海側にある観測用井戸の水から高濃度の放射性物質が検出されている問題で、東電は10日、ストロンチウム90などベータ線を出す放射性物質の濃度がさらに上昇し、過去最高値の1リットル当たり220万ベクレル検出したと発表した。

2014年1月14日:井戸で最高値240万ベクレル 福島第1原発、上昇続く
http://www.47news.jp/CN/201401/CN2014011401002484.html
東京電力は14日、福島第1原発の海側にある観測用井戸の水から、ストロンチウム90などのベータ線を出す放射性物質が、過去最高値の1リットル当たり240万ベクレル検出されたと発表。水は13日に採取した。

12月28日に最高値の210万ベクレルを検出したストロンチウム90などベータ線を出す放射性物質の濃度がたった2週間で
210万→220万→240万と言う風に上昇しています。

2014年1月9日にはこんな記事も。

東電、ストロンチウム濃度公表せず…測定誤り?
http://www.yomiuri.co.jp/science/news/20140108-OYT1T01055.htm
東京電力は8日、福島第一原子力発電所の港湾や井戸で海水や地下水を採取して調べている放射性ストロンチウムの濃度について、「測定結果に誤りがある可能性があり、公表できない」と発表した。
海水などは定期的に採取して汚染状況を監視することになっており、放射性セシウムなどは毎週、濃度を分析して公表している。しかし、汚染水に含まれる主要な放射性物質の一つであるストロンチウムは、毎月分析することになっているが、昨年6月に採取した海水などの分析結果を最後に、半年近くも公表していなかった。

福島第一原発で何が起こっているのか・・・
収束に向かっているどころか、悪化する一方です。

内部被ばく、特に海産物には、皆さんくれぐれもご注意ください。
スポンサーサイト

「配れる」原発事故資料とは。

木下黄太さんのブログに皆さんにぜひ読んでもらいたい記事があったので、ご紹介させていただきます。

[木下黄太のブログ  「福島第一原発を考えます」より、以下抜粋]

この文献は、どうやら、チェルノブイリの博物館を訪れた際に、相手側から渡されたものをそのまま翻訳して、そのままホームページに載せているようです。
(中略)---
内容は、みなさんにも、僕にも驚くことは、ほとんどありません。しかし、これだけ、簡便にチェルノブイリでおきていることが、日本語で書かれている文献が、ふつうに衆議院のホームページにあるということです。これは、びっくりします。
(中略)---
いいですか、こういう文書なら、印刷して、コピーすれば、あなた達の身の回りの人に配れるんです。配っても、反体制派の文書でありません。衆議院の議員団が公的な視察で行った内容の中に、ウクライナ側から渡された公的性格の強い資料なんです。衆議院の議員団の目次も印刷し、それを表紙にして中身を付けてください。そうしたら、受け取る方も、いい加減な資料と根拠なく言い張る立ち位置を完全に失います。だから、印刷してコピーして、10人くらいの人に渡して下さい。そうしたら100,000人以上の人に、少なくとも情報が届きます。その努力をしてください。

以上。木下黄太のブログ「福島第一原発を考えます」2013年、巳年の元旦に必読文献「チェルノブイリの長い影」。衆議院HPでわかる健康被害、東京の今後。より抜粋。
http://blog.goo.ne.jp/nagaikenji20070927/e/d461461cea201e51c064ceb019d2e215

少し補足すると、これは前政権の民主党議員を中心とした「衆議院チェルノブイリ原子力発電所事故等調査議員団」が平成23年10月5日より9日間の日程でウクライナ、オーストリア(IAEA)、フランス(ITER)などを訪問し、調査、各団体との意見交換を行った際の報告書です。

〔衆議院チェルノブイリ原子力発電所事故等調査議員団報告書〕
http://www.shugiin.go.jp/itdb_annai.nsf/html/statics/shiryo/201110cherno.htm

この中の「(資料)『チェルノブイリの長い影~チェルノブイリ核事故の健康被害』<研究結果の要約:2006年最新版>」と言うのが、木下さんの指摘している「配れる資料」です。私のような、どこの誰だかわからないような人物の編集した資料とは違い「衆議院議員調査団の公式な調査報告書である。」と言う事です。

私が木下さんの主張の中で、特に皆さんに知ってもらいたい、広めたい。と思っているのは、

「いいですか、こういう文書なら、印刷して、コピーすれば、あなた達の身の回りの人に配れるんです。」

と言う部分です。政府がいくら「健康に影響はない」と主張しようが、「事実」だけは偽ることはできません。

よく「福島とチェルノブイリは違う」と言う人がいますが、この資料では低線被爆の2世代に渡る長期的な影響についても研究報告がされています。線量が「ゼロ」でない限り、福島第一原子力発電所事故にもこのケースが当てはまる可能性があると言うことです。

さて、本日(平成25年1月31日)共同通信からこんな記事が配信されました。

東京の水道水から検出 乳児基準超えるヨウ素

乳児の飲用基準を超える放射性ヨウ素が検出された、東京都水道局の金町浄水場(下)=23日午後2時47分、東京都葛飾区で共同通信社ヘリから東京都は23日、都水道局の金町浄水場(葛飾区)で、水道水1キログラム当たり210ベクレルの放射性ヨウ素が検出されたと発表した。福島第1原発事故の影響とみられ、乳児の基準値100ベクレルを超えているとして、乳児が飲むのを控えるよう求めた。検出されたのは22日の検査。乳児以外の基準300ベクレルは下回っている。300ベクレルは、国の原子力安全委員会が定めた基準。乳児については「発達途上で甲状腺にヨウ素が取り込まれやすい」として食品衛生法に基づき厳しくしている。細川律夫厚生労働相は、ヨウ素検出の発表後に都内でペットボトルの水が買い占められているとして「大人が飲む分には健康に影響はない。乳児に優先的に渡るよう協力を」と警告した。
〔47NEWS〕
http://www.47news.jp/CN/201103/CN2011032301000502.html

東京で半減期が8日の放射性ヨウ素が210ベクレルも検出されている。

これが日本の現実です。


◆参考

木下黄太のブログ  「福島第一原発を考えます」(トップページ)
http://blog.goo.ne.jp/nagaikenji20070927

衆議院チェルノブイリ原子力発電所事故等調査議員団報告書
http://www.shugiin.go.jp/itdb_annai.nsf/html/statics/shiryo/201110cherno.htm

47NEWS(よんななニュース)
http://www.47news.jp/CN/201103/CN2011032301000502.html

偽りの平和

仙台に私の従姉家族が住んでいるが、この前、新年の挨拶の電話をした時に、3人の子を持つ母親でもある従姉に放射線に対する宮城の人々の様子はどうかと尋ねてみたところ、東北の人々は、原発の事故の事などなかったかのように、「普通に」暮らしているそうだ。
従姉との電話を切った後で、私はため息を漏らした。

言い方は悪いが、やはり人間は、津波警報が出ていても、目の前まで津波が来ないと逃げない動物なのだ。

キエフの住人の中の楽観論者達が「やっと気づいた」のもチェルノブイリ原発事故から4年ほど経過した頃だったそうだ。

ウクライナにはなかった被爆を促進させる原因が、我が国にはもう一つある。
日本では、おかしな愛国心で汚染地域で生産された食品を食べようというキャンペーンが繰り広げられている。
また、放射線に汚染された瓦礫を、わざわざ汚染されていない地域で燃やして処理しましょう。と言う「被災地の応援」も行われている。これらは総じて「絆」と表現され、マスコミが国民を煽り、コントロールされている。

少し言いすぎだろうか。

しかし、海外の人々がこの様子を眺めると「日本人は気が狂った」様にしか観えないそうだ。

全ての結果はあと数年後に出るのだろう。

エネルギーを得るための犠牲

1995年に高速増殖原型炉もんじゅ(福井県敦賀市)で起きたナトリウム漏れ事故をめぐり、内部調査を担当して自殺した男性の遺族が損害賠償を求めた訴訟で、最高裁は遺族の上告を退ける決定をした。1月31日付。遺族の請求を棄却した一、二審判決が確定した。男性は、動力炉・核燃料開発事業団(当時)の総務部次長だった西村成生さん(当時49)。遺族側は「会見でうその発表を強いられ、死に追いやられた」として、動燃を引き継いだ日本原子力研究開発機構に約1億4800万円の賠償を求めていた。

日本の原発関連訴訟で、今まで最高裁での勝訴はない。

日本の司法制度の現状だ。「原発関連訴訟事態、そんなに行われていないのでは?」と思われる方も多いかもしれない。なぜなら新聞やテレビのソースには流れにくく、一般的に見聞きする機会が少ないと言うこともあるかもしれない。私自身、東日本大震災以前には、ほとんど耳に入ってくる事がなかった。原発を身近なものとしてとらえられなかった。
だが、実際には日本中で「原発訴訟」は行われている。それは原発誘致地の住民の叫びであり、原発労働者の苦痛や悲しみでもある。原子力発電は、クリーンで安全な発電方式なのではなかったのか?。

「経済のためだ。」と誰かが言う。

周辺住民や、携わる人々を犠牲にしてまで得られるエネルギーで国民を幸せにできるだろうか?。

風力発電や地熱発電、太陽光発電で、はたして、こんなに訴訟が起きるだろうか?。

原発訴訟の行われた数は”悲しみの数だ”

福島第一原発以外にも、原発訴訟を起こさせるほどに人々を不幸にしている原発がどれだけあるのか・・・

以下に、これまで行われた原発訴訟裁判、または準備中のものを調べてみた。



<日本のおもな原発訴訟>

・伊方原発訴訟 1973年1号機設置許可取り消し請求。1978年松山地方裁判所請求棄却。1992年最高裁判所原告敗訴確定。

・伊方原発2号機訴訟 1978年2号機設置許可取り消し請求。

・東海第二原発訴訟 1973年設置許可処分取消請求。1985年水戸地方裁判所判決。2001年控訴審判決。2004年最高裁決定。

・柏崎刈羽原発1号機の設置許可処分取り消し訴訟 1979年請求。1994年新潟地方裁判所請求棄却。2005年東京高裁控訴棄却。

・福島第2原発1号機の設置許可処分取り消し訴訟 1992年最高裁原告敗訴確定。

・福島第2原発3号機運転差し止め訴訟

・もんじゅ訴訟 1985年原子炉設置許可処分の無効確認、建設・運転の差止め請求。2005年最高裁で請求棄却が確定。

・泊原発1・2号機の運転差し止め訴訟 1999年札幌地方裁判所請求棄却、原発の推進と中止という二つの選択肢を挙げて「自分たちの子どもに何を残すのか。多方面から議論を尽くし、賢明な選択をしなければならない」と異例の言及。 

・志賀原発訴訟 1988年1号機建設差し止め請求。1994年金沢地方裁判所請求棄却。1999年名古屋高等裁判所控訴棄却。2000年最高裁で確定。

・志賀原発2号機訴訟 1999年建設差し止め請求。2006年金沢地裁請求認容の運転差し止め判決、住民側勝訴。

・浜岡原発訴訟 2002年1・4号機運転差し止め請求。2007年静岡地方裁判所請求棄却。名古屋高裁に控訴中。

・島根原発訴訟 1・2号機運転差し止め請求。2010年5月31日松江地方裁判所請求棄却。広島高等裁判所松江支部に控訴中。

・玄海原発プルサーマル裁判 2010年8月9日佐賀地方裁判所に提訴。

・上関原発入会権訴訟 →上関原子力発電所 事業としては現在小康状態にある

・六ヶ所村核燃料サイクル訴訟 →六ヶ所村核燃料再処理事業反対運動

・JCO臨界事故住民健康被害訴訟

・大間原発訴訟 函館地裁に国と電源開発㈱を相手取り原子炉設置許可の取り消しなど4件の訴訟を提訴



2月2日現在、全国の原発は3基しか動いていないが、電気は足りている。

再稼動させれば、必ず、どこかでまた不幸な事が起こるはずだ。

もし、また何かが起こったら・・・



◆参考

Wikipedia
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8E%9F%E7%99%BA%E8%A8%B4%E8%A8%9F

脱原発を地方から

以前、衆議院議員の河野太郎さんの講演を聞かせて頂いた時に、講演後の参加者からこんな質問がでた。「原発を止めたいけれど今の国会議員さん達は宛てにならない。河野さん、どうしたらいいですか?」河野さんは静かにこう答えた。「デモや署名だけでは原発は止められない。ご自分の選挙区の代議士に直接訴えかけるような努力が必要です。プレッシャーをかけてもダメだったら、ご自分が選挙に出るしかありません。誰かがやってくれるだろうなどと他人を当てにせず、自分に何ができるか一人一人が考え行動することが大事です。」

週間プレイボーイ紙で衆議院議員480人に対し「原発に関するアンケート」が行われた結果、衆議院議員の約8割は原子力発電の今後に「ノーコメント」‎だったそうだ。しかもきちんと答えてくれた議員はたった93名だったと言う。http://wpb.shueisha.co.jp/2011/10/03/7237/

政府や国の議員が今、原発問題を語ることはどうやらタブーの様だ。それだけ国会議員と電力会社の癒着が強いと言う事なのだろう。

ところで、この所、地方の議会が脱原発の意見書を国に提出したり、地方自治体の首長さんが、脱原発を表明し始めている。
特に静岡県や北海道の議会や首長さんが続々と脱原発を表明。国会議員の口は重いけれど、もしかしたら地方の首長や地方議員達を応援することで、脱原発を押し進める事ができるかもしれない。

以下に、脱原発について意見書を決議、採択された自治体や脱原発を表明された首長さんをあげてみたいと思います。あなたのお住まいの地域はどうですか?もしまだだったら、身近な地方の議員さんや首長さんに原発の危険さや怖さを、そしてあなたの思いをぶつけてみてください。


◆地方自治体に関連した脱原発の動き(※代表的なものをごく一部掲載しました。)

2011年4月 大阪府橋下知事、脱原発を表明「府県民の総力で原発を止めにかかりたい」

2011年4月 静岡県湖西市の三上元・市長「生涯をかけて原発を止める」と表明

2011年4月 神奈川県黒岩祐治知事「脱原発を進め太陽光発電でエネルギー革命を起こしたい」

2011年4月 川勝静岡県知事「脱原発へ緩やかに」脱原発依存を表明。

2011年4月 保坂展人・元衆議院議員。「脱原発」を掲げ、東京都世田谷区長に初当選

2011年5月 広島市・松井一実市長は政府に対して脱原発も含めたエネルギー政策の見直しを求めた。

2011年6月 大阪市平松市長「今しかいうべきときはない、脱原発を目指して皆さん力を合わせませんか?」

2011年6月 福島県・佐藤雄平知事「原子力に依存しない社会を目指すべきだとの思いを強く持つに至った」

2011年6月 福井県小浜市議会、原子力発電からの脱却を国に求める意見書を全会一致で採択

2011年6月 福井県越前市議会、エネルギー政策の抜本的な見直しなどを政府に求める意見書可決

2011年6月 茨城県つくば市議会、福島第一原発事故の早急な収束とエネルギー政策の転換を
        求める意見書、採択

2011年6月 神奈川県三浦市議会、原発から撤退して自然エネルギーへの転換を推進するよう
        国に求める意見書、可決

2011年6月 岩手県奥州市議会、原発からの撤退およびエネルギー政策の転換を求める意見書、可決

2011年7月 京都府綾部市の市議会、期限を定めて原発から脱却するよう国に求める意見書、可決

2011年7月 神奈川県大和市議会、脱原発を視野に入れてエネルギー基本計画を見直すよう
        求める意見書、可決

2011年7月 熊本県水俣市議会、原子力エネルギー政策を転換し自然エネルギー政策促進を
        求める意見書、可決

2011年8月 茨城県東海村・村上村長、脱原発を改めて表明 「原発を保有することは危険が大き過ぎる」

2011年8月 長崎県長崎市・田上市長「ヒバクシャを絶対につくらない、その道の行き着く先は原発ゼロだ」

2011年8月 兵庫県南あわじ市議会、原子力発電からの脱却とエネルギー政策の転換を
        求める意見書、可決

2011年9月 北海道ニセコ町議会、「北海道地域防災計画の早期見直しと北海道電力泊原子力発電所の
        段階的運転停止、計画的廃炉、第3号機プルサーマル発電計画の撤回を求める」意見書、可決

2011年9月 京都府向日市議会、原子力発電からの撤退を求める意見書を賛成多数で可決

2011年9月 京都府京丹後市議会、原子力発電からの脱却を求める意見書を全会一致で可決

2011年9月 静岡県浜松市・鈴木康友市長「牧之原市はすぐ近くに原発がある自治体で、
         永久停止を求める立場は一定の理解ができる」と述べた。

2011年9月 長崎県佐世保市議会、玄海原発を再稼働させないことを求める意見書を全会一致で可決

2011年9月 静岡県菊川市議会「住民の理解が得られない限り再稼働は認めない」との意見書を可決

2011年9月 静岡県牧之原市議会「安全・安心が担保されない限り永久停止すべきだ」との決議案を可決

2011年9月 静岡県榛原郡吉田町、田村町長は浜岡原発について「廃炉にすべきだ」と述べた。

2011年9月 静岡県藤枝市、北村正平市長「安全が担保されないならば、廃炉も含めた判断を」

2011年10月 静岡県焼津市、清水泰市長、浜岡原発を「永久停止」にすべきだとの考えを表明

2011年10月 福岡県糸島市議会、原子力エネルギーから自然エネルギーへの転換を推進するよう
         国に求める意見書、可決


尚、上記の内容は本当にごく一部です。たとえば、北海道では「原発(依存)からの撤退」「自然エネルギーへの転換」意見書採択自治体がすでに40に達しています。
http://nonuke-h.greenwebs.net/
sidetitleプロフィールsidetitle

koujichin

Author:koujichin
神奈川在住。原発問題、環境問題などをTwitterでつぶやいています。子供達の未来を守りたい。

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitle訪問カウンターsidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleカレンダーsidetitle
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。