スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

3.11以前、原発はどれだけ事故を起こしていたのか

ずっと「安全です」といい続けてきた原子力発電と原子力エネルギー開発施設。今まで日本において起こった原発事故やトラブルはいったいどれだけあったのだろうか?原発は本当に安全だったのか。そう思い、ネットで拾える原子力関連の事故や主なトラブルをまとめてみました。尚、暫定版の為、加筆、修正を順次していきます。未だ「隠蔽」されているものは含まれません。誤記等あるかもしれませんがご容赦下さい。

◆泊発電所(北海道)
2000年8月。放射性廃棄物処理建屋において作業員の死亡事故発生。被爆死の可能性。
2003年9月。2号機の1次冷却水が漏れ、運転停止。
2004年9月。蒸気発生器伝熱管56本に摩耗減肉。
2006年12月。定期点検中の2号機で火災。
2007年9月。1号機の非常用ディーゼル発電機2基が故障。
2010年3月。1号機で男性作業員の一人が微量の放射性物質を体内に取り込み被爆。
2011年1月。3号機で男性作業員の一人が微量の放射性物質を浴びて被爆。

◆東通原子力発電所(青森県)
2005年6月。試運転中の1号機で主蒸気隔離弁動作不能トラブル。
2005年1月。1号機のタービン建屋地下での変圧器より発煙。
2011年4月。震度4の余震で全電源喪失。

◆女川原子力発電所(宮城県)
1998年7月。1号機の制御棒2本が抜ける。
2002年2月。炉心から20メートルの弁付近で火災発生。
2005年8月。宮城県南部地震で想定外の揺れ。希硫酸タンクが破壊。
2006年5月。配管が減肉によって穴が開いているのが確認される。
2007年6月。制御棒8本が抜ける。
2007年10月。ステンレス製配管に縦約11mm、横約9mmの穴を確認。
2010年12月。制御棒から放射性物質漏れ。
2011年3月。東日本大震災で1号機、2号機が電源破壊。重油タンク倒壊。20カ所水漏れ。
2011年4月。震度6強の余震で5系統ある外部電源のうちの3系統が使用不能。残り1系統で冷却継続。
2011年4月。1号機の非常用ディーゼル発電機2台のうち1台が使用不能。
2011年4月。使用済み核燃料貯蔵プールで冷却装置のポンプ停止。1、2、3号機で放射能汚染水が水漏れ。

◆福島第一原子力発電所(福島県)
1976年4月。2号機構内で火災。パワープラントのケーブルが発火。隠蔽。
1978年11月。日本で最初の臨界事故。制御棒5本が抜ける。隠蔽。
1990年9月。主蒸気隔離弁故障。原子炉圧力上昇事故。レベル2。
1998年2月。137本の制御棒のうちの34本が脱落。50分間。
2000年7月。過去の自主点検検査記録データ改ざん。内部告発により発覚。
2011年3月。東北地方太平洋沖地震による津波で電源全喪失。炉心溶融。放射性物質放出。レベル7。

◆福島第二原子力発電所(福島県)
1989年1月。3号機循環ポンプ故障。炉心に多量の金属片等が流出。2年間停止。レベル2。
1997年12月。制御棒動作不良。
2008年1月。3・4号廃棄物処理建屋の海水ポンプ破損。
2008年2月。使用済み核燃料を積載したクレーンで吊り上げ作業中にクレーンがトリップ。
2011年3月。東日本大震災で全電源喪失。冷却機能喪失。海水取り込みポンプ破壊。レベル3。

◆東海第二発電所(茨城県)
1997年7月。非常用電源故障。原子炉停止。
2000年12月。循環ポンプ故障。原子炉停止。
2002年4月。落雷によって原子炉停止。再開に失敗。
2010年5月。放射性物質を処理する排水管の誤接続。トリチウムが含まれた汚染水流失。
2011年3月。東日本大震災で放射性物質を含む廃液が漏洩。

◆柏崎刈羽原子力発電所(新潟県)
1992年2月。タービン異常。原発停止。隠蔽。
2006年7月。作業員が一日で受けても良いとされている「計画線量」以上の1.03ミリシーベルトを被曝。
2007年7月。中越沖地震(震度6)で変圧器火災。原子炉内破壊。放射性物質漏洩。
2009年4月。予備品倉庫で火災が発生。2007年度の中越沖地震以後9回目。配線が過熱した可能性。

◆浜岡原子力発電所(静岡県)
1991年4月。3号機 原子炉給水量が低下、自動停止。
2001年11月。1号機 配管破断事故。
2001年11月。1号機 原子炉水漏洩事故。
2002年。自主点検の書類に16箇所の記入ミス、ひび割れの兆候を見つけるも県へ報告せず。
2002年5月。2号機 点検用水抜き配管水漏れ。
2004年2月。2号機 タービン建屋屋上にて火災。
2005年11月。1号機 配管水漏れ事故。
2005年11月。3号機 屋外配管の腐食による蒸気漏れ。
2005年11月。1号機 燃料プールに異物混入。
2006年6月。5号機タービン羽根破損。
2009年4月。3-5号機542個所の溶接後の熱処理を行ったうち5号機の94個所の作業を改竄。
2009年8月。8月11日の地震で点検停止中の5号機排気筒排出ガスからごく微量のヨウ素131を検出。
2009年12月。3号機で放射性廃液が漏れる事故。作業員34人が被曝。
2011年5月。5号機停止作業中において復水器に海水が混入するトラブル。
2011年5月。上記トラブルの影響で、海水中のヒ素が放射化、ヒ素76を検出。
2011年7月。5号機。脱塩水タンクの水漏れ事故。放射性物質流出

◆志賀原子力発電所(石川県)
1999年6月。臨界事故。検査記録を改ざんするなどして2007年まで隠蔽。
2004年6月。1号機。廃棄物処理建屋内における水漏れ。
2005年4月。大規模な地滑りの影響を受け送電線鉄塔が倒壊。電源喪失した為1号機を手動停止。
2006年7月。2号機のタービンにひび。
2007年3月。能登半島地震で燃料貯蔵プールの放射能を帯びた冷却水が飛散。
2009年4月。気体廃棄物通常の300倍に。
2009年4月。2号機の気体廃棄物処理系で通常の約3百倍の放射性物質(キセノン133)が拡散漏洩。

◆敦賀発電所(福井県)
1981年3月。大量の放射性廃液がタンクからあふれる。事実を隠蔽。
1981年4月。1号機の一般排水溝から放射性物質が漏洩。海藻から異常に高い放射能が検出。
2011年1月。1号機で、複数ある緊急炉心冷却システムの1つが機能しない状態で約1か月間運転が発覚。
2011年5月。2号機の1次冷却水で放射能濃度上昇。配管に33カ所の微小な穴。放射性ガス漏洩。

◆美浜発電所(福井県)
1973年3月。1号機。核燃料棒が折損。関西電力は事実を隠蔽。秘密裏に核燃料集合体を交換。
1991年2月。2号機の蒸気発生器の伝熱管1本が破断。緊急炉心冷却装置(ECCS)が作動。放射線物質漏洩。
2003年5月。2号機の高圧給水加熱器の伝熱管に2か所の穴。放射性物質の漏洩無し。
2004年8月。3号機二次冷却系の復水配管から蒸気漏れ。作業員5人が死亡、6人が重軽傷を負った。

◆大飯発電所(福井県)
2005年12月。大雪と強風のために送電線にトラブルが発生し、自動停止。
20011年7月。1号機で緊急炉心冷却装置(ECCS)系統にトラブル発生。原因を究明するため原子炉を停止。

◆高浜発電所(福井県)
1999年。3号機に使用予定だったMOX燃料ペレットにデータ改ざんが発覚した。

◆島根原子力発電所(島根県)
1977年3月。1号機。制御棒駆動水が戻り、ノズルにひびが生ずる。
1981年6月。1号機。配管から蒸気漏洩。
1981年12月。1号機。制御棒駆動系挿入・引き抜き配管の表面に傷がみつかる。
1992年2月。1号機。中性子束異常信号の為、原子炉が自動停止する。
1995年7月。2号機。緊急停止排出水容器・水位異常高信号の為、原子炉が自動停止する。
2004年3月。2号機。格納容器内の冷却機の凝縮水量と床ドレン量が増加し、原子炉を手動で停止させる。
2006年10月。1号機。復水貯蔵タンクに腐食がみつかる。
2010年4月。中国電力が総点検の調査報告書を国と市に提出。超過使用506ヶ所、点検記載漏れ1159ヶ所。

◆伊方発電所(愛媛県)
2004年3月。3号機で、充てんポンプC号機の封水部から1次冷却水の漏洩が発生。

◆玄海原子力発電所(佐賀県)
1998年7月。1号機で定格出力運転中、復水器細管漏洩により出力低下。
1998年1月。3号機定期検査中、燃料集合体シッピング検査の結果、1体に漏洩を発見。
1999年3月。2号機定期検査中、蒸気発生器伝熱管の渦流探傷検査の結果、管板拡管部に有意な信号指示を発見。
2008年6月。4号機の冷却水圧に異常を検知したため自動停止。
2010年12月。3号機の1次冷却水のヨウ素濃度が平均値の4倍に上昇。燃料棒に穴が生じ放射性物質の漏洩が確認。

◆川内原子力発電所(鹿児島県)
1983年。1号機。試運転中の自動停止。
1986年。2号機。燃料集合体にピンホール。
1988年。2号機。一次冷却材ポンプ変流翼取付ボルトのひび割れ
1989年。1号機。化学体積制御系抽出ライン元弁棒損傷。
1989年。1号機。温度測定用配管弁棒損傷。
1989年。2号機。一次冷却材ポンプ変流翼取付ボルトのひび割れ。
1991年。1号機。蒸気発生器細管の摩耗減肉。
1991年。1号機。調整運転中の手動停止。
1991年。2号機。蒸気発生器細管の摩耗減肉。
1996年。1号機。制御棒駆動装置ハウジングキャノピーシール部損傷。
1998年。1号機。格納容器サンプ水位上昇に伴う原子炉手動停止。
1999年。1号機。タービンソレノイド動作に伴う原子炉自動停止。
2000年。1号機。蒸気発生器の細管損傷。
2010年1月。1号機のタービン建屋内でアース取り付け作業において火傷を負う事故。1人が死亡。2人が重傷。

◆もんじゅ(福井県)

・ナトリウム漏洩火災事故
1995年12月。試験中に配管からナトリウム漏洩。夥しい量のナトリウムが施設内に飛散。火災が発生。
1996年1月。ナトリウム火災事故現場の様子を撮影したビデオの一部を隠したことが発覚。
1996年1月。ナトリウム漏洩火災事故後、会見に出席した動燃総務部次長が、会見の翌日自殺した。

・炉内中継装置落下事故
2010年8月。炉内中継装置がつり上げ作業中に落下。24回以上の引き抜き作業を試みるものの失敗。
2011年1月。落下した装置の復旧作業に約9億4千万円(停止中も1日5500万円)の費用がかかることが判明。
2011年2月。装置を現場で担当する燃料環境課長が福井県敦賀市の山中で自殺し、遺体で発見された。

◆常陽(茨城県)
2007年。照射試験用実験装置の上部が引きちぎられる事故が発生したため運転休止中。



◎参考・引用サイト

武田邦彦さん (中部大学)
http://takedanet.com/2011/07/post_a05e.html

ウィキペディア
http://ja.wikipedia.org/wiki/

スカイの社長日記
http://skysh.kyo2.jp/e312301.html
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

sidetitleプロフィールsidetitle

koujichin

Author:koujichin
神奈川在住。原発問題、環境問題などをTwitterでつぶやいています。子供達の未来を守りたい。

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitle訪問カウンターsidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleカレンダーsidetitle
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。