スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本はチェルノブイリと同じ道をたどるのだと確信した

千葉県柏市根戸の市有地で毎時57・5マイクロ・シーベルトの高放射線量が検出された。

関東や福島で体調が悪化していると言う話をあちこちで聞かれるようになった事を心配し、NPO法人チェルノブイリへのかけはし代表の野呂美加さんが10月21日のブログでチェルノブイリで起こったことを詳細にまとめて下さった。

「チェルノブイリ症候群」
http://www.kakehashi.or.jp/?p=4475

先月私は「チェルノブイリ事故発生から25年間の健康被害まとめ」と言うブログを書いた。これを編集する為に
チェルノブイリで25年間に起こったことをネットで拾い出し、かなり長い時間をかけて全てを読んだ。実は編集した内容は、調査された年号がはっきり判っている事柄だけを抜き出し、まとめたものなので、実際には重要だとは思いながらも年号がはっきりしなかった為に記載できなかった内容が沢山あった。特にチェルノブイリ周辺国の子供達の体調不良に関することや病気について、「こんな症例まで・・・」と思うような驚くべき報告もあった。

野呂さんはチェルノブイリ原発事故被災児童を1ヶ月間、空気や水のきれいな日本で保養させる活動をずっと続けられて来た。保養を必要として日本に来た子供達に手を差し伸べ、子供達の異変を実際に見つめ続けて来た方だ。放射線によって人がどんなに傷つき犠牲になって来たのか、それを見続けてきた野呂さんが、今、日本人に対して”危機を感じなさい”と警告をしている。
野呂さんの書き出して下さった体の異変や病気はあまりにも多く、放射線の影響に関連付けられそうもないような、一般的な健康不良の症状も多い。「ただ最近体調が悪いだけだろう」と放射線の影響を見過ごしてしまう人がほとんどなのではないだろうか。
そう考えていたところ、福島原発事故後の体調の変化などの症状を皆で記録する「みんなのカルテ」と言うサイトを見つけた。このサイトの投稿内容を読んでいる最中に、私の頭の中に、広島の被曝医師・肥田舜太郎先生がおっしゃった「放射線の病気が始まってくるのは、恐らくこの秋から来年の春にかけて。たくさん出てくるだろうと私は想像しています。」と言う言葉が浮かんできた。
私は放射線医療の専門家でもなければ原子物理学に詳しい訳でもない。しかし、チェルノブイリに関する25年間の人体への影響に関する大量の記録と、野呂さんのブログの内容と、みんなのカルテの現在日本人に起こっている体調の変化を読んで日本はチェルノブイリと同じ道をたどるのだと確信した。

放射線に対する恐怖から来る先入観や思い込みなどから、自己の体調の変化を放射線と関連付けてしまった症例も多少あるかもしれない。また、全く違う原因で体調不良などに陥っている可能性もある。しかし、ウクライナやベラルーシ、ロシアなどでは実際に1986年以降、統計数としてはっきり判るほどの健康被害の増加が起こっている。

みんなのカルテ管理人の東田邦子さんは、同ホームページの”医療関係のみなさまへ”と言う冒頭の文章の中で、この様に述べている。

「あきらかに何かがおかしい」と感じる症状を抱える方の声を集め、ある時期を境に同時多発的に特徴的な症状が派生していることを理解できるようにすること、その全体像と関連を把握できるよう、誰もが公に共通認識を持てる環境を整えること、それが「みんなのカルテ」の目標の一つです。

余計な作業かもしれないが、「チェルノブイリ症候群」で野呂さんの書き出して下さった症例と、「みんなのカルテ」に寄せられている症状の中で、一致している症例を書き出してみる。「最近体調悪いな・・」と感じている多くの人々に少し考えて欲しいと思う。
尚、一致しているかどうかの判断は私の独断で行っている。詳しくは両サイトを直接閲覧されることをお勧めする。

「チェルノブイリ症候群」と、「みんなのカルテ」症例一致部分書き出し

・頭:頭痛、めまい

・粘膜:目、鼻、口、喉、声帯、関連の炎症が繰り返される。治らない口内炎、鼻血

・肺:咳、色のついたタンが止まらない。カラ咳。風邪と違う、あるいは繰り返す風邪。気管支炎

・胃腸:下痢あるいは軟便が長期にわたり続く。吐き気、嘔吐

・疲労感:眠くて仕方がない、今まで感じたことのないだるさ

・腎臓:膀胱炎

・皮膚:アレルギー症状の悪化、皮膚が弱くなる、傷が治りにくい、ヘルペス

・心臓:心臓が痛くなる、血圧異常。病院に行って心電図をとってもらうが異常がでない。息切れ

・関節痛、あるいは骨の痛み

・生理不順、出血異常。女性器に関するトラブル

・甲状腺の異常、腫れ

・リンパ節の腫れ

・発熱など、内分びつの異常

・持病が悪化する。市販の対処療法的な薬が聞かない。


◆参考

チェルノブイリへのかけはし(TOPページ)
http://www.kakehashi.or.jp/

みんなのカルテ(TOPページ)
https://sites.google.com/site/sos311home/
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

sidetitleプロフィールsidetitle

koujichin

Author:koujichin
神奈川在住。原発問題、環境問題などをTwitterでつぶやいています。子供達の未来を守りたい。

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitle訪問カウンターsidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleカレンダーsidetitle
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。